第66回全国高校野球選手権大会 “境高・安倍投手 延長10回に許した初安打がサヨナラ本塁打”

スポンサーリンク


この切り抜きは私たちが一年生の時に、境高の安倍投手が甲子園に出場し、強豪・法政一(西東京)と対戦したときの切り抜きです。

この試合も、非常に印象に残っている好試合で、テレビにかじりついて応援した歴史に残る名試合でした。

1984年(昭和59年)選手権大会で、境(鳥取)はエース安部伸一を擁して4度目の選手権出場を果たし、夏の初勝利を目指していた。

初戦の相手は関東の強豪・法政一(西東京)だったが、安部投手が9回を四球1つの完璧な投球でノーヒットノーランに抑え込む。本当ならば球史に名を残す大記録達成にもかかわらず、2回戦に進んだのは法政一だった。

相手の岡野憲優投手はスローボールを織り交ぜて、境打線を翻弄、9回まで散発4安打、1四球のこちらも無失点。結局、0-0で勝負がつかず、延長戦に突入。延長10回ウラ2死無走者、安部投手が投じた初球の甘いスライダーを法政一の3番打者・末野が強振すると、打球は左中間ラッキーゾーンに舞い降りる価千金のサヨナラホームラン。

10回2死までノーヒットノーランに抑えながら、たった一球のコントロールミスが痛恨の一球となってしまう。31人目の打者に初めて許したヒットがホームラン、しかもその瞬間に試合の勝敗を決してしまうという、境高にとっては何とも残酷な結末だった。

第66回選手権大会(1回戦) =延長10回=

境(鳥 取)  0 0 0 0 0 0 0 0 0 0  0

法政一 (西東京)0 0 0 0 0 0 0 0 0 1X 1

img-X18174149-0001

スポンサーリンク


----------------------------------------------
いつもご訪問、ありがとうございます。
応援していただけますと頑張れますので
良かったらクリックお願いいたします。
応援→ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 掲示板→
----------------------------------------------

コメントを残す

このページの先頭へ