1986年第68回全国高校野球 根雨・八頭・倉北・米東が4強?

スポンサーリンク


総合力で4強と前評判の高い根雨、八頭、倉吉北、米子東が予想通り上位に名を連ねた。米子東を除く3校と鳥取商は中国大会、山陰選抜大会で他県の有力校と対戦。数字を上回る戦力と判断できる。

ランキング1位の根雨は攻守のバランスが取れている。得点力は互角だが、ディフェンスで後れをとっているのが八頭。しかし、中国大会、山陰選抜で守乱が響いた。打線は活発なだけに、投手陣を含めた守りでがんばれば甲子園も夢ではない。

倉吉北、米子東は得失点差3.6で仲良く3位。攻撃力では倉吉北、ディフェンスで米子東がやや上回っている。このほか、昨秋の覇者、米子北、練習試合で倉吉北を破った、鳥取工、同じく根雨を下した、青谷あたりも不気味な存在だ。優勝校は?

Bゾーンに有力校が多い。攻守にバランスの取れた根雨、八頭、倉吉北、米子東が1歩リード。順当ならこの”4強”の中から優勝校が出るだろう。しかし、有力校が死闘を繰り広げる間げきをぬって、昨年の鳥取西のように逆のゾーンから伏兵が勝ち上がることも。

打線好調の米子、鳥取城北、米子工、青谷、投打に強い、鳥取商、鳥取西あたりがあたりがチャンスをうかがう。

我が米子北高野球部は創部してから夏の大会では、まだ1勝もしたことがなく、いくら秋季大会を制したからといっても、前評判は辛めで4強予想には入れませんでした。 実際はしっかり4強に入りましたけどね。

img-Y09065656-0001

スポンサーリンク


----------------------------------------------
いつもご訪問、ありがとうございます。
応援していただけますと頑張れますので
良かったらクリックお願いいたします。
応援→ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 掲示板→
----------------------------------------------

コメントを残す

このページの先頭へ