第68回全国高校野球 鳥取県大会”甲子園へ実力伯仲23校”

スポンサーリンク


参加23校の選手たちは、ヒノキ舞台での活躍を誓いながら黙々と最後の調整に入っている。今回は飛び抜けた有力校が見当たらず、混戦もよう。それに加えて梅雨の長雨、低温で思うように練習ができず、戦国レースに拍車をかけている。コンディションづくりが勝敗のカギが、各校監督の見方だ。

果たして晴れの栄冠を手中にするのはどこ?そして活躍する選手は?資料をもとに分析結果が出ていた。

好投手に挙げられているのはやはり、倉吉北の二宮投手、米子東の横山投手、八頭高 平田投手、根雨高 生田投手 古川投手、鳥取商の井上投手などが挙げられている。

打率の高いチームは八頭、境高、青谷、鳥取商などだ。個人の打率トップは米子工業、山岡選手、続いて八頭高の山岡選手、境高では遠藤直宏、鳥取商の久門 井上選手などが挙げられている。

img-Y07080947-0001

スポンサーリンク


----------------------------------------------
いつもご訪問、ありがとうございます。
応援していただけますと頑張れますので
良かったらクリックお願いいたします。
応援→ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 掲示板→
----------------------------------------------

コメントを残す

このページの先頭へ