第66回全国高校野球選手権鳥取県大会

スポンサーリンク


この大会は高校1年時、初めての夏の大会。第66回全国高校野球選手権鳥取県大会です。

我が野球部は、夏にはめっぽう強い鳥取西と対戦。胸を借りるつもりなんてのは、いつものうたい文句で、気合では絶対に負けないつもりでいたが、本塁打2本を含む14安打の猛攻で試合が終わってみると10-0の5回コールド。試合もあっという間に終わり、何をしたか覚えてない状況でした。やはり鳥西とは格の違いがあったのだろうか?先発の大原も西村寿之選手(以後鳥取西の監督)に1回の裏に3点本塁打を浴びたが、3年相手に力投しました。

ちなみに、この大会の優勝高は境高校で、私の中の記憶では投手力、攻撃力は過去最強のチームだったと思います。甲子園では、法政一(西東京)が相手だったが安部投手が9回を四球1つの完璧な、投球でノーヒットノーランに抑え込んだが延長10回に本塁打を打たれ、惜しくも負けてしまいました。この試合は今でも歴史に残る名勝負だと思いますね。

kita

スポンサーリンク


----------------------------------------------
いつもご訪問、ありがとうございます。
応援していただけますと頑張れますので
良かったらクリックお願いいたします。
応援→ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 掲示板→
----------------------------------------------

コメントを残す

このページの先頭へ