マスターズ予選大会第9節

スポンサーリンク


5/21に東郷Gに於いて、「2017年マスターズ甲子園予選大会」の2試合が行なわれました。
今回の大会は、昨年から今年にかけて2年間を通し、県予選が繰り広げられおります。米子北は結果、A組勝ち点3位ということで、「決勝トーナメント」に出場することができず、今回の試合が事実上、今年の最終戦となりました。

この日は、少数精鋭での戦いになりましたが、各選手 自身の持っている力を200%以上出し切ったんじゃないでしょうか?もしかすると当時よりも「ヤッタ感」があるかもしれませんね。
私も当日は、1試合目だけ撮影班での参加予定だったので、短パンTシャツという「ラフな格好」で8時過ぎに到着しました。到着するとすぐに「まっつぁ~ん!ユニフォーム持ってきとる?」と大原監督。「人数も少ないのでみんなに出てもらうかもしれないので着替えといて…」と結果、選手としてベンチに座らされる始末。此の方、野球をしたのは2年前の9月。7回までスタンドでビデオ撮影していると、早々ベンチからお呼びがかかり、気のいい仲間たちに後押しされ、一振りだけさせてもらいました。次の日は、ほどよく筋肉痛になりましたけど(痛)

試合結果は、鳥取中央育英に8対3(昨年17-2大敗)と善戦しました。序盤はジュニアの遠藤投手(村田似)の調子もよく(徳中捕手のリードよし)育英打線を3回まで無失点でした。その後、シニアに交代してからは、ピッチャーも制球に苦しみエラーをからめ失点。北高も安打は出るのですが….

まぁスタメン中、ジュニアはバッテリー(2名)だけで、その他はみんな35歳以上ですからね。オジサンたちもよく頑張りました。特に荒木君は3回からマスクを被り、暑い中大変だったと思います。

2試合目は倉吉総合産業に8-6で初勝利。倉吉総合産業との対決はこれで3戦目で、初戦は2013年に、マスターズ初参加のデビュー戦だったと思います。その時のスコアが偶然にも8-6だったような…。
オジサンたちも最後の力を振り絞り、猛打爆発で2塁打が5本、なんと米子北マスターズ始まって以来の柵超えを、篠田選手が放ちました。(BESTショットを誰も撮影していない…) 今回の最終戦も来季に繋がる試合ができ、大変よかったと思います。

最後に皆さんへお願いになりますが、「マスターズ北友会 理事長 岩谷氏 及び監督 大原氏」がマスターズに関する実務に大変ご尽力をいただいております。その中でも人不足で試合が出来ない状況が、彼らの一番の難であり不安であると思います。今ではマスターズ登録者数も50名を超える大所帯となりましたが、やはり社会人であるため、多忙で参加することが難しいと存じますが、1試合だけの参加もよろしいので何卒ご都合をつけていただき、来季は全員揃って聖地「甲子園」でプレーをしたいと思いますので、ご協力をお願いいたします。

スポンサーリンク


----------------------------------------------
いつもご訪問、ありがとうございます。
応援していただけますと頑張れますので
良かったらクリックお願いいたします。
応援→ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ 掲示板→
----------------------------------------------

コメントを残す

このページの先頭へ